auとUQ mobileから5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense7 SHG10」が11月11日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は1日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」向け新商品として5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense7(型番:SHG10)」(シャープ製)を2022年11月11日(金)に発売すると発表しています。販路はauショップやau Style、UQスポット、量販店などのau取扱店およびUQ mobile取扱店、公式Webストア「au Online Shop」および「UQ mobileオンラインショップ」など。

すでに各販路にて発売に先立って事前予約受付を実施しており、au Online Shopでは2022年11月1日(火)より順次購入手続きができるようになっているとのこと。価格(金額はすべて税込)はauとUQ mobileのそれぞれ直営店にてともに本体価格が59,500円となっています。

またauでは残価設定方式の販売施策「スマホトクするプログラム」(残価25,920円)適用時の実質負担額は1,460円/月×23回(総額33,580円)となります。機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円割引、「au Online Shopおトク割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。

一方、UQ mobileでも割引適用後の販売価格が新規契約で増量オプションII加入時なら48,500円、加入なしで52,900円、MNPで増量オプションII加入時なら37,500円、加入なし41,900円となり、機種変更およびauからの番号移行では割引なしの59,500円となっています。なお、割引は料金プラン「くりこしプラン +5G」に加入時に適用されます。

その他、au公式アクセサリーブランド「au +1 collection 」から高級感のあるベルトパーツで2色の生地をまとめた手帳型ケース「AQUOS sense7 VOYAGE バイカラーベルトブックタイプケース」や優しくカジュアルな彩りと、さりげないツートンカラーが印象的な「AQUOS sense7 LANVIN en Bleu ブックタイプケース」などの機能的でファッショナブルな周辺機器が販売されます。

02

AQUOS sense7 SHG10はシャープが展開する「AQUOS」ブランドにおけるスタンダードクラス「AQUOS sense」シリーズの最新機種「AQUOS sense7」のau版とUQ mobile版で、これまでのAQUOS senseシリーズと同じく必要十分な性能や機能を備えつつ、新たに「次のどまんなか」を開発すべくスマホで最も使われてる機能であるカメラが強化されたほか、デザインも刷新されてよりシックで高級感のある見た目に仕上がっています。

まずカメラは「みんなが楽しめる」をテーマに開発され、背面に搭載したリアカメラのメインカメラには前機種「AQUOS sense6」と比べて66%も大型化した1/1.55型の大型センサーを採用してより明るくノイズの少ないクリアな撮影が可能となったほか、ハイエンドモデル「AQUOS R7」と同じ高性能画質エンジン「ProPix4」を搭載したことでノイズを抑えながらもディテールを残してハイクオリティーに仕上げられるようになっており、人物撮影では肌や目、鼻などに最適な画像処理を行い、被写体本来の美しさを表現可能となっています。

<フロントカメラ>
・約800万画素CMOS/超広角レンズ(F2.0、焦点距離26)

<リアカメラ>
・約5030万画素CMOS/超広角レンズ(F1.9、焦点距離23mm)
・約800万画素CMOS/超広角レンズ(F2.4、焦点距離15mm)

※焦点距離は35mm換算

03

04

また大型センサーの集光性に加え、RAWレイヤー合成処理でディテールを残しつつノイズを減らすして細部までクリアな夜景が撮影できる「ナイトモード」を搭載し、白飛び・黒つぶれなく暗い場所でも明るく撮れます。さらに全画素がPDAF(像面位相差オートフォーカス)に対応しているので前機種のAQUOS sense6と比べて2倍と飛躍的に高速になり、より高精度なオートフォーカスを実現し、フレームの被写体を即座にキャッチして正確にピント合わせをすることによって一瞬の表現も逃さず撮影できます。

一方、フロントカメラも従来通りに顔認証に対応していますが、AQUOS sense7シリーズでは新たにAQUOSスマホでは初めてマスク対応顔認証に対応しました。さらに指紋認証もAQUOS sense6やさらに前の「AQUOS sense5G」では画面内指紋センサーでしたが、AQUOS sense7シリーズでは本体右側面に電源キーとは別に側面指紋センサーを搭載しています。

05

06

07


16

17

18

外観もこれまでのAQUOS senseシリーズと同様にアルミユニボディーは継承しつつ、デザインがリニューアルされており、特に背面はリアカメラが左右の中央にある「センターカメラレイアウト」となりました。またAQUOS sense7では流行りの側面や背面がフラットとなっており、ここ最近のAQUOSスマホで採用していた中央が凹んだ側面フレームは廃止されました。本体カラーはauおよびUQ mobileともにライトカッパーおよびブルー、ブラックの3色展開。

サイズは約152×70×8.0mm(突起部除く)、質量は約158gと、引き続いてコンパクトで持ちやすいサイズ感となっており、AQUOS senseシリーズの特徴でもある防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)に加え、耐衝撃(落下)などの米軍調達基準「MIL-STD-810G」に準拠した16項目の耐性能を有し、アルコール除菌シートによる拭き取りにも対応しているため、常に清潔に保つことができて安心して使えます。

08

09

ディスプレイは上部中央にU字型ノッチ(切り欠き)が配置されたアスペクト比9:20の約6.1インチFHD+(1080×2432ドット)有機EL「IGZO OLED」を搭載し、10億色表示やリッチカラーテクノロジーモバイルなどに対応しているほか、最大輝度1300nitsと明るく、屋外などでも見やすくなっています。なお、リフレッシュレートは最大60Hzです。

なお、前面のディスプレイの周りの縁(ベゼル)は各色ともにブラックで、ディスプレイはAFコーティングが施された強化ガラスで覆われており、背面や側面はアルマイト処理が施されたアルミニウムが用いられています。また電池持ちもリフレッシュレートを1Hzから自動調整して電池の消費を抑える「アイドリングストップ」に対応したほか、余裕のある4570mAhバッテリーを搭載しており、急速充電「USB PD 3.0」に対応しているため、最短で約140分で充電可能となっています。

10

11

また充電を90%で停止させ、その後は充電器からのダイレクト給電に切り替えることができる「インテリジェントチャージ」などに対応しているので電池の劣化が少なく3年間安心して使えるようになっています。連続通話時間(静止時)はVoLTEで約3520分、連続待受時間(静止時)は4G LTEで約820時間。携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通りで、5G NR方式のSub6におけるNSAをサポートし、ミリ波やSAには非対応。SIMはnanoSIMカード(4FF)スロットが1つとeSIMのデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)をサポートしています。通話はVoLTE(HD+)にも対応。

5G NR: n3, n28, n41, n77, n78(3.5GHz, 3.7GHz), n79
4G LTE: Band 1, 2, 3, 5, 8, 12, 17, 18, 19, 21, 38, 41, 42
3G W-CDMA: Band I, II, V, VIII
2G GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz

12

13

主な仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 695 5G Mobile Platform」(オクタコアCPU「2.2GHz×2+1.8GHz×6」)や6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大1TB)、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、Wi-Fi 5、Bluetooth 5.1、おサイフケータイ(FeliCa)、NFC Type A/B、位置情報取得(GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS)、FMラジオ(ワイドFM・ハイブリッドラジオ対応)ハイレゾ音源(ワイヤレス対応)、緊急速報メールなど。ワンセグやフルセグ、赤外線通信、ワイヤレス充電は非対応。

OSはAndroid 12をプリインストールし、最大2回のOSバージョンアップに対応。Payトリガーやスクロールオート、Clip Now、ゲーミングメニュー、クイック操作、かんたんモード、Bright Keep、テザリングオート、Smart home HUBなどに対応。また同梱のクイックスイッチアダプター(試供品)と今まで使っていたスマホのケーブル(USB Type-CケーブルやLightningケーブル)で接続し、画面の指示に従うだけの操作でデータを素早く簡単にコピーでき、さらにAQUOS同士のデータ移行ならAQUOS独自機能の設定内容もそのままコピーしてくれるのでさらに便利になっています。

14


15








auおよびUQ mobile向け「AQUOS sense7 SHG10」の主な仕様
本体サイズ[高さ×幅×厚さ/mm]約152×70×8.0mm(最厚部10.4mm)
質量[g](電池含む)約158g
カラーライトカッパー
ブルー
ブラック
SoCSnapdragon 695 5G Mobile Platform
CPUオクタコア(2.2GHz×2+1.8GHz×6)
内蔵メモリー(RAM)6GB
内蔵ストレージ128GB
外部ストレージ(最大対応容量)microSDXC(1TB)
UIMnanoSIM/eSIM
画面ディスプレイ約6.1インチ有機EL「IGZO OLED」
ディスプレイ解像度[横×縦]FHD+(1080×2432ドット)
アスペクト比9:20.27
リフレッシュレート最大60Hz
HDR
カメラ有効画素数/F値リア約5030万画素CMOS/広角レンズ(F1.9)
約800万画素CMOS/超広角レンズ(F2.4)
フロント約800万画素CMOS/広角レンズ(F2.0)
通信・通話通信速度[受信時/送信時の最大速度]5G:2.1Gbps/218Mbps
VoLTE/VoLTE(HD+)○/○
テザリング同時接続数
[Wi-Fi/USB/Bluetooth]
10台/1台/4台
Bluetooth(対応バージョン)○(5.1)
緊急速報メール
国際ローミング[対応ネットワーク:4G(LTE)/3G(UMTS)/2G(GSM)]○/○/○
電池・充電バッテリー容量4570mAh(17Wh)
連続待受時間(4G)約820時間
連続通話時間(VoLTE)約3520分
充電時間約140分
接続端子USB Type-C(USB 2.0)
ワイヤレス充電(Qi)
その他防水/防塵○/○
ワンセグ/フルセグ/FMラジオー/ー/○
おサイフケータイ(FeliCa)/NFC○/○
生体認証○(指紋、顔)
ハイレゾ
OSAndroid 12
メーカーシャープ






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
SHARP AQUOS sense7 関連記事一覧 - S-MAX
「AQUOS sense7」をauとUQ mobileから11月11日に発売
AQUOS sense7 の購入手続き開始について | au Online Shop(エーユー オンライン ショップ)
AQUOS sense7(アクオス センスセブン)SHG10 | スマートフォン(Android スマホ) | au
AQUOS sense7│格安スマホ/格安SIMはUQ mobile(モバイル)【公式】
AQUOS sense7の特長|AQUOS:シャープ