au&UQ mobileスマホ「Galaxy A53 5G SCG15」がAndroid 13に!

KDDIは19日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」向けに今年5月に発売した5G対応ミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Galaxy A53 5G SCG15」(Samsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2022年12月20日(火)10時より順次提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話ネットワーク(5G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法とパソコン(PC)を用いる方法が用意されており、更新にかかる時間は本体のみで約20分、PCを用いる方法で約85分となっています。

更新ファイルサイズは本体のみの場合に約2.1GB、PCを用いる場合に約5.5GBで、ファイルサイズが大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。更新後のビルド番号は「TP1A.220624.014.SCG15KDU1BVK6」、Androidセキュリティパッチレベルは「2022年11月1日」。な更新内容は以下の通り。

<アップデート内容>
・Android 13による機能・操作性の向上

○Android 13共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?
○Android 13モデル共通機能対応表
 特長1 Material You:○
 特長2 アプリごとの言語設定:○
 特長3 メディアコントロール:○
 特長4 Wellbeing:○
 特長5 アプリの通知許可:○
 ※独自機能として搭載


07

Galaxy A53 5G SCG15は「Galaxy」ブランドにおける最新ミッドハイレンジスマホ「Galaxy A53 5G」のau版およびUQ mobile版で、10万円を超えることも多くなったハイエンドスマホは高すぎて手が出ないものの、価格も性能も妥協したくない人などに向けた製品となっており、日本向けはNTTドコモ版を含めておサイフケータイ(FeliCa)にも対応しています。

また防水・防塵(IP67準拠)に対応しており、バッテリー容量が前機種「Galaxy A52 5G」の4500mAhから5000mAhに増量され、ディスプレイは上部中央にパンチホール(切り欠き)が配置されたアスペクト比9:20の縦長な約6.5インチFHD+(1080×2400ドット)有機EL「Super AMOLED Infinity-O Display」を搭載し、リフレッシュレートは最大120Hzに対応しています。

08

パンチホール部分に約3200万画素CMOS/広角レンズ(F2.2)のフロントカメラを内蔵し、顔認証に対応するほか、生体認証としては画面内指紋センサーを搭載しています。リアカメラは以下の構成のクアッドカメラとなっており、メインカメラは4つの画素を1つにまとめて撮影することで暗所でもノイズの少ない綺麗な写真が撮れるようになっており、また深度カメラを搭載しているため、自然で美しく背景をぼかしたポートレートモードが利用できます。

・約6400万画素CMOS/広角レンズ(F1.8、OIS)
・約1200万画素CMOS/超広角レンズ(F2.2、画角123°)
・約500万画素CMOS/マクロカメラ(F2.4)
・約500万画素CMOS/深度カメラ(F2.4)

主な仕様はSamsung Electronics製チップセット(SoC)「Exynos 1280」および6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大1TB)、5000mAhバッテリー、急速充電(最大25W)、USB Type-C端子(USB 2.0)、3.5mmイヤホンマイク端子、Wi-Fi 6(IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠)、Bluetooth 5.1、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPSなど)、Dolby Atmosなど。

ワイヤレス充電やワンセグ、赤外線通信、5GのSA方式やミリ波(mmWave)には非対応。SIMはnanoSIMカード(4FF)スロットが1つのシングルSIMで、携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通り。サイズは約160×75×8.1mm、質量は約189g、本体色はオーサム ブラックおよびオーサム ブルー、オーサム ホワイトの3色展開。より詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

新ミッドハイレンジスマホ「Galaxy A53 5G」の日本向け製品が発表!NTTドコモ版「SC-53C」とau・UQ mobile版「SCG15」が5月下旬に発売 - S-MAX
最新ミッドハイスマホ「Galaxy A53 5G」を写真と動画で紹介!4眼カメラや5000mAh内蔵バッテリー、防水、FeliCaなど【レポート】 - S-MAX

5G NR: n3, n28, n41, n77, n78(3.5GHz, 3.7GHz)
4G LTE: Band 1, 3, 12, 18, 21, 41, 42
3G W-CDMA: Band I, V
2G GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz

発売時にはともにAndroid 12をプリインストールしていましたが、今回、最新のAndroid 13が提供開始されました。更新方法は本体のみで手動で行うには「設定」→「ソフトウェア更新」→「ダウンロードおよびインストール」から画面の案内に従って操作します。ビルド番号は「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」→「ビルド番号」にて確認可能。更新に際しての注意事項は以下の通り。

・OSアップデートはお客さまの責任において実施してください。
・OSアップデートを行うとAndroid 12に戻すことはできません。
・OSアップデートにより、お客さまのauスマートフォンはAndroid 13に更新され、画面操作や機能が変更されます。
・OSアップデートは更新のための通知が表示されOKを押すと更新が始まりますが、更新前に必ずauホームページ記載の更新内容と注意事項をご確認の上実施してください。
・アップデート中は110番、119番、118番への電話も含め、メール送受信などすべての機能は操作できません。
・OSアップデートは所要時間が最大20分となりますので、本体を充電しながら、または本体の電池残量が十分な状態で実施してください。
・モバイルデータ通信を利用して本製品からインターネットに接続する時、ご利用の回線のご契約内容に応じたデータ通信料が発生します。ご契約内容によっては、データ通信量が月間データ容量を超えると、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsとなりますのでご注意ください。(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます。)
・OSアップデートを行う際は通信が切断されないよう、電波が強く安定している状態で、移動せずに実施してください。
・OSアップデート中は、絶対に本体の電源をOFFにしないでください。故障の原因となる場合があります。
・OSアップデートにて本体に登録された各種データや設定情報が変更されることはありませんが、お客さまの端末の状況などによりデータが失われる可能性がありますので、連絡先やEメールなどの大切なデータは必ずバックアップを取ってから実施してください。
 Galaxy A53 5G SCG15取扱説明書
 データお預かりアプリ
・アップデート実施後に初めて起動した時は、データ更新処理のため、数分から数十分間、動作が遅くなる場合があります。
・(所要時間は本端末内のデータ量により異なります。通常の動作速度に戻るまでは電源を切らないでください。)
・OSアップデート実施後に初めてauメールアプリ(@au.com/@ezweb.ne.jp)を起動した時は、数分から数十分程度データ更新処理を行うため、メールの閲覧、送受信ができません。
・(所要時間はメールの保存件数や容量により異なります。データ処理完了まで電源を切らないでください。)
・海外利用中はソフトウエア更新の機能を利用できない場合があります。
・Android 12で動作しているアプリケーションのAndroid 13上での動作は保証できません。アプリケーションの対応OSなどをご確認の上、OSアップデートを実施してください。






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Galaxy A53 5G 関連記事一覧 - S-MAX
Galaxy A53 5G(ギャラクシー エーフィフティスリー ファイブジー) SCG15 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au
Galaxy A53 5G OSアップデート情報 |
au