縦折りフォルダブルスマホ「motorola razr 40 ultra」の日本向け製品が7月21日発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)は6日、都内にて「モトローラ・モビリティ・ジャパン新製品発表会」を開催し、同社が展開する「motorola razr」ブランドにおける新商品として5G対応フォルダブルスマートフォン(スマホ)「motorola razr 40 ultra(型番:XT2321-1)」(Motorola Mobility製)を日本のオープン市場(いわゆる「SIMフリーモデル」)にて販売すると発表しています。

発売日は2023年7月21日(金)で、発売に先立って各販路にて順次予約販売が開始されています。販路は公式Webショップ「MOTO STORE」のほか、Amazon.co.jpヨドバシカメラビックカメラなどのECサイトおよび量販店、さらに日本国内の通信事業者としては仮想移動体通信事業者(MVNO)のインターネットイニシアティブが携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )において独占販売するとのこと。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格およびMOTO STOREでの価格が155,800円となっており、Amazon.co.jpやヨドバシカメラ、ビックカメラなどでも同じ価格ですが、Amazon.co.jpでは1%(1,558ポイント)還元、ヨドバシカメラやビックカメラでは10%(15,580ポイント)還元となっています。

一方、IIJmioでは通常価格は139,800円(分割なら5,832円/月×24回)ですが、2023年10月31日(火)21:59までは「サプライサービスセール」によって特別価格として119,980円(分割なら5,007円/月×24回)となるほか、単体購入の場合には2023年7月31日(月)21:59まで「motorola新機種発売記念キャンペーン」が実施されて「選べるe-GIFT」を5,000円分プレゼントされます。

またIIJmioでは他社から乗り換え(MNP)で料金プラン「ギガプラン」の「音声通話機能付きSIM」とセットで購入する場合には2023年7月31日(月)21:59まで「サマーキャンペーン【スマホ大特価セール】」によって109,800円(分割4,584円/月×24回)となるとのこと。なお、サマーキャンペーンでは1契約者(mioID)当たり1台まで購入可能となっています。

またモトローラではmotorola razr 40 ultraを購入した人を対象に特典として保証期間が購入日から1年まで「ディスプレイ破損1回無料サポート」が付帯します。なお、日本市場向け製品は内蔵メモリー(RAM)が8GB、内蔵ストレージが256GB、本体色はインフィニットブラック(SKU:PAX40020JP)の1色となっています。なお、同時に発表された「motorora edge 40」はおサイフケータイ(FeliCa)に対応していますが、motorola razr 40 ultraは非対応です。

02

motorola razr 40 ultraはモトローラがフォルダブルスマホとして展開するmotorola razrブランドの最新モデル「motorola razr 40」シリーズの上位機で、海外では今年6月に発表され、中国では「moto razr 40 ultra」、北米では「motorola razr+ (2023)」として販売されており、motorola razrシリーズは日本でも2021年3月に「motorola razr 5G(型番:XT2071-4)」がソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」向けとオープン市場向けが販売されていましたが、今回、motorola razr 40 ultraはオープン市場向けのみで発売されます。

フォルダブルスマホには主に閉じた状態では普通のスマホサイズで開くとタブレットサイズになるような“横開き型”と開くと普通のスマホサイズで閉じるとコンパクトで持ちやすくなるという“縦開き型”がありますが、motorola razrシリーズはそれぞれ縦開き型となっており、motorola razr 40 ultraも縦開き型で最大かつ最先端のサブディスプレイを搭載したモダンで超小型サイズで持ち歩けるデザインを備えています。

12


03

04

開くと上部中央にパンチホールが配置されたアスペクト比9:22の縦長な約6.9インチFHD+(1080×2640ドット)pOLED(有機EL)メインディスプレイ(約413ppi)、閉じると約3.6インチ1066×1056ドットpOLED(有機EL)サブディスプレイ(約413ppi)が搭載されており、メインディスプレイは折り畳めるLTPOパネル、サブディスプレイはフレキシブルAMOLEDが採用されています。

またメインディスプレイはHDR10+や10-bitカラー、色域DCI-P3 120%、明るさ最大1400nits、最大165Hzリフレッシュレート、最大240Hzタッチサンプリングレート(ゲームモードでは最大360Hz)、サブディスプレイはHDR10+や10-bitカラー、色域DCI-P3 100%、明るさ最大1100nits、最大144Hzリフレッシュレート、最大120Hzタッチサンプリングレート(ゲームモードでは最大360Hz)となっています。開いた状態での画面占有率は約85.5%とのこと。

05

06

パンチホール部分には約3200万画素CMOS(1画素0.7μm、4in1)+広角レンズ(F2.4)のフロントカメラが内蔵され、顔認証に対応しているほか、生体認証としては本体側面に指紋センサーが搭載されています。またリアカメラは以下のデュアル構成で、サブディスプレイを使ってリアカメラをセルフィー(自撮り)に利用したり、友人に自分のポーズのプレビューを表示したりできるため、誰もが写真の画質に満足できるとのこと。

・約1200万画素CMOS(1画素1.4μm、デュアルピクセルPDAF)+広角レンズ(F1.5、OIS)
・約1300万画素CMOS(1画素1.12μm)+超広角/マクロレンズ(F2.2、画角108°)

10

外観はスタリッシュなデザインとなっており、特にサイズを最小限に抑えた業界初の2軸トラッキングで構成される新しい再設計されたティアドロップヒンジを採用し、他のフォルダブルスマホと比べて閉じた状態で最も薄くなっているほか、超薄型ガラスを組み合わせることによってメインディスプレイを展開する際に折り目がほとんどなくなり、シームレスな外観と滑らかな感触が得られるようになったとしています。

本体カラーは海外ではInfinite BlackおよびGlacier Blue、Viva Magentaの3色がラインナップされていますが、日本ではこのうちのインフィニットブラックの1色のみで、外装パネルはInfinite BlackおよびGlacier Blueではマット仕上げの強化ガラス「Corning Gorilla Glass Victus」、Viva Magentaではフェイクレザー素材が用いられ、側面などのフレームは7000シリーズのアルミニウム素材となっています。また防滴・防塵(IP52準拠)に対応。

07

08

09

サイズは開いた状態で約170.83×73.95×6.99mm、閉じた状態で約88.42×73.95×15.1mm、質量はInfinite BlackおよびGlacier Blueが約188.5g、Viva Magentaが約184.5g。主な仕様はチップセット(SoC)がはQualcomm製「Snapdragon 8+ Gen 1 Mobile Platform」(オクタコアCPU「3.2GHz×1+2.75GHz×3+2.0GHz×4」)のほか、3800mAhバッテリーや急速充電「30W TurboPower」(最大30W)、ワイヤレス充電(最大5W)、USB Type-C端子(USB 2.0)、位置情報取得(A-GNSS、GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSSなど)など。

また強化されたオーディオと強力なパフォーマンスを搭載しており、サウンド効果「Dolby Atmos」による強化されたオーディオ体験を提供するほか、2つの大きなステレオスピーカーや3つのマイクを搭載しており、Motorolaによる新しい空間サウンドは音楽を聴いているときでもお気に入りの映画を見ているときでもオーディオ没入感をさらに高めて周囲の空間を満たします。なお、3.5mmイヤホンマイクやFMラジオ、ワンセグ・フルセグは非対応です。

11

センサー類は近接センサーや環境照度センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパスを搭載し、通信面ではWi-Fi 6EにIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠(2.4および5、6GHz)の無線LANやBluetooth 5.3、NFC Type A/Bに対応し、SIMはnanoSIMカード(4FF)スロットが1つとeSIMのデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しています。なお、microSDカードなどの外部ストレージスロットも非搭載です。

携帯電話ネットワークは日本向け製品の対応周波数帯が以下の通り。OSはAndroid 13(MYUI 4.0)がプリインストールされてます。同梱品はmotorola razr 40 ultra本体のほか、保護ケースおよびSIM取り出しピン、ガイド類などの紙類となっており、ACアダプターやUSBケーブルは非同梱です。

2G:-
3G:W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8
4G:LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28/B32/B34/B38/B39/B40/B41/B42/B43/B48/B66
5G:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n41/n66/n77/n78/n79






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
motorola razr 40 ultra 関連記事一覧 - S-MAX
折りたたみ式プレミアムモデル「motorola razr 40 ultra」、 Felica/防水機能搭載ミドルハイレンジモデル「motorola edge 40」発表
「motorola razr 40 ultra」「motorola edge 40」発売日のお知らせ - モトローラ公式オンラインストア
IIJmioサプライサービスにおいて、モトローラ製スマートフォン「motorola razr 40 ultra」および「motorola edge 40」を販売開始 | IIJについて | IIJ
motorola razr 40 ultra | モトローラ公式オンラインストア
最高の折りたたみスマートフォン| motorola razr 40 ultra | Motorola JP