S-MAX

eKYC

UQモバイルで「eSIM」が提供開始!既存利用者も物理SIMから切替可能、オンラインなら手数料無料。SIMのみ契約で最大1万円相当還元も


UQ mobileでもeSIMが提供開始!SIMのみ契約で最大1万円相当キャッシュバックも

KDDIおよび沖縄セルラー電話は2日、携帯電話サービス「UQ mobile」において「eSIM」の提供を2021年9月2日(木)より開始したとお知らせしています。eSIMの申し込みはauショップやUQスポットなどのUQ mobile取扱店および公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」などにて行います。

合わせてUQ mobileオンラインショップにて「eKYC」も導入され、オンラインで申し込みから開通まで完結するため、申込完了から最短即日で利用開始できるようになるとのこと。なお、UQ mobileオンラインショップは「au Online Shop」や「povo」と同様にLiquidが提供する「LIQUID eKYC」を利用しているとのこと。

これにより、KDDIおよび沖縄セルラー電話ではすでに提供している「au」や「povo」とともにすべての携帯電話サービスブランドでeSIMを提供しています。なお、既存のUQ mobile契約者も物理的なSIMカードからeSIMへ切り替え可能で、手数料は発行・再発行ともに店頭では2,200円(税込)、オンライン(UQ mobileオンラインショップまたは「My UQ mobile」)では無料とのこと。

ただし、eSIMを再発行する前にeSIMプロファイルを削除してしまった場合、My UQ mobileでは手続きを行えないため、auショップやUQスポットなどのUQ mobile取扱店で手続きすることになるという。UQ mobileオンラインショップで購入した製品の場合には電話窓口でも対応可能だとしています。その他、現時点におけるUQ mobileにおけるeSIM対応機種はiPhoneシリーズのみということです。

その他、UQ mobileオンラインショップではSIMのみ契約で「くりこしプラン +5G」を申し込んだ場合に新規契約なら3,000円相当(不課税)、他社から乗り換え(MNP)なら最大10,000円相当(不課税)をau PAY残高でキャッシュバックするキャンペーンが実施されていますが、eSIMも対象となっています。

続きを読む

NTTドコモ、オンラインショップとahamoで「eSIM」を9月8日に提供開始!eKYCと合わせてオンラインで申込から最短1時間で利用可能に


ドコモショップとahamo.comにてeSIMを9月8日より提供!eSIM対応機種にiPhoneとiPadも追加

NTTドコモは1日、同社の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」およびオンライン専用の料金プラン「ahamo」の公式Webサイト「ahamo.com」において「eSIM」の提供を2021年9月8日(水)10時より開始すると発表しています。それぞれ既存の物理的なSIMカードを利用している場合のeSIMへの変更も可能とのこと。

事務手数料はeSIMを新規発行する場合や機種変更に伴うeSIMの再発行はドコモオンラインショップおよびahamo.comともに無料となっており、利用する製品を変更する場合などによる利用者都合のeSIM再発行もキャンペーンによって終了時期未定で無料となる見込み。一方、ドコモショップ店頭における利用者都合のeSIM再発行は2,200円(税込)がかかるという。

また合わせて9月8日よりeSIMの対応機種に「iPhone」と「iPad」を追加します。さらにahamoではすでに「eKYC」が導入されていますが、ドコモオンラインショップにおいても9月8日より新規契約および他社から乗り換え(MNP)による本人確認手続きにおいてeKYCを導入します。

これにより、ドコモオンラインショップおよびahamo.comではeSIMとeKYCを利用することによってオンラインで申込から開通まで完結でき、SIMの発行や郵送などの手続きが不要となります。なお、同社では現在、ドコモオンラインショップではSIMのみ契約でdポイント(用途・期間限定)を10,000ポイントプレゼントするキャンペーンを実施していますが、9月8日以降はeSIMも対象になるとのことです。

続きを読む

楽天モバイルが「Rakuten UN-LIMIT VI」のeSIMをeKYCで契約すると+1000ポイント追加!SIMのみ契約で最大2万1000ポイントプレゼントに


Rakuten UN-LIMIT VIにてeKYCを利用してeSIMを申し込むと+1,000ポイントキャンペーン!

楽天モバイルは15日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において「【新規&MNP限定】WebまたはアプリからeKYCを利用してeSIMをお申し込みの方に+1,000ポイントキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

期間は申込期間が2021年7月15日(木)9:00~2021年8月18日(水)8:59まで、利用開始期限が2021年9月30日(木)23:59まで、専用アプリ「Rakuten Link」の利用期限が2021年9月30日(木)23:59まで。申込拠点はオンライン(公式Webサイトおよびアプリ「My 楽天モバイル」)のみで、対象契約種別は新規契約および他社から乗り換え(MNP)となっています。

これにより、すでに実施している「【Rakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント ルール」や「お持ちのスマホそのままで、他社から乗り換え(MNP)の方限定!通常のRakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典に加えて、さらに15,000ポイントプレゼントキャンペーン」と合わせてSIMのみ契約で新規契約なら最大6,000ポイント、MNPなら最大21,000ポイントがプレゼントされます。

続きを読む

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT VIの申し込みをWebでも「AIかんたん本人確認(eKYC)」に対応!AndroidやiOS向けアプリに続いて


Rakuten UN-LIMIT VIがWebでもeKYCに対応!eSIMと合わせると最短5分で開通

楽天モバイルは5日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービスの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )におけるWeb申し込みにおいてオンラインで本人確認が完了するeKYC(電子本人確認)システムを使った「AIかんたん本人確認(eKYC)」を2021年7月5日(月)より開始したとお知らせしています。

これにより、iPhone 12シリーズを含むeSIM対応製品とAIかんたん本人確認(eKYC)を組み合わせることで、申し込み後、最短だと約5分で携帯電話サービスの利用開始も可能となるとのこと。なお、審査状況によって時間がかかる場合があるとしています。

続きを読む

auが郵送での端末下取りにおける本人確認をオンライン化!eKYCの導入で本人不在でも「端末回収キット」が受け取りが可能に


auの「端末回収キット」受け取りにeKYCが導入!本人以外が受け取り可能に

KDDIおよび沖縄セルラー電話は18日、携帯電話サービス「au」における店舗での「下取りプログラム」や「かえトクプログラム」の特典などの利用時にそれまで使っていたスマートフォン(スマホ)などの製品を郵送で返却する際に必要な本人確認について2021年6月24日(木)からオンライン化するとお知らせしています。

オンライン化は契約者の利便性向上と迅速かつセキュアな本人確認の実現を目的にオンラインで本人確認手続きが完結する「eKYC(electronic Know Your Customer)」を導入することで実現し、eKYCはLiquidが提供する「LIQUID eKYC」を採用しているとのこと。

これにより、従来必要となっていた「端末回収キット」の受け取り時に本人が本人確認書類を提示する必要がありましたが、これが不要になって契約者本人が不在時であっても端末回収キットを受け取れるようになるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。