S-MAX

連載

秋吉 健のArcaic Singularity:ビデオゲーム・クライシス!香川県のネット・ゲーム依存症対策条例案から規制のあり方や正しい関わり方について考える【コラム】


香川県の条例案問題からゲームと子どもの関わり方について考えてみた!

香川県議会は1月20日、子どもたちのネット依存やゲーム依存を防ぐ目的で、コンピューターゲーム(ゲーム)の利用時間を1日60分までとするルールなどを遵守させるよう、保護者に努力義務を課す「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」の素案をまとめました。

このニュースはすでに多くのメディアで伝えられており、みなさんもよく知るところかと思います。当初はスマートフォン(スマホ)利用やインターネット(ネット)依存も含めた対策として「スマホの利用を60分までとする」という内容でしたが、反響の大きさやさまざまな意見が寄せられた結果、20日に「ゲームの利用は1日60分、スマホ利用は義務教育終了前(中学生)までが午後9時まで、それ以外の子ども(高校生以上18歳未満)は午後10時まで」とする形に修正されたものです。条例は4月1日の施行を目指しています。

2018年、WHOによってゲーム依存症(またはゲーム症/ゲーム障害)が疾病として採用されたことをきっかけに、日本国内でもゲームをどのように取り扱うのかについて大きな議論が度々起きていますが、今回の香川県の条例は非常に極端な例だと言えます。世論や多くのメディアの反応は「やりすぎだ」、「時代に逆行している」といった意見が多いように見受けられますが、この条例の何が問題であり、ゲーム依存症とどのように向き合うのが適切なのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は香川県の条例案を中心に、ゲーム依存症との向き合い方や子どもたちにとってゲームがどのようなものであるべきかを考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:AirPods Proを襲った悲劇。品薄が続くその裏で何が起こったのか、音質レビューとともに不具合や改善状況などを解説【コラム】


AirPods Proのレビューと不具合の現状についてまとめてみた!

10月の発売以来、異例とも呼べる超品薄状態が続いているApple(アップル)の完全ワイヤレスイヤホン(TWS)「AirPods Pro」、みなさんは購入できましたでしょうか。このコラムを書いている1月17日現在でも、アップルの公式オンラインストアで注文すると、発送日は2月18日と表示されます。一部報道では昨年末から中国サプライヤーによる増産が行われているとのことですが、その効果は今のところあまり実感できません。

これほどの品薄状態を引き起こす人気となった背景には、当然ながら「アクティブノイズキャンセリング」機能があります。他社のTWSではすでに数機種で実装されていた機能ですが、アップル純正である安心感やiPhoneなどiOS機器との相性の良さから、長らく待ち望まれていた機能でした。

筆者は自他共に認めるAirPods信者でもあり、従来機種の使い勝手の良さに惚れ込んでいたことからすぐに購入しましたが、実はそこからが長く険しい道程の始まりでした。結論から言ってしまえば、期待していた通りの満足感は得られなかったのです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はAirPods Proの音質や使い勝手のレビューとともに、筆者を悩ませ続けた数々の不具合を解説します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:Bluetoothにさらなる自由を!低消費電力と高音質を両立した「LE Audio」と音声圧縮方式「LC3」は生活をどのように変えるのか【コラム】


新たに発表された「Bluetooth LE Audio」と、その音声圧縮方式「LC3」について詳しく解説!

Bluetooth規格の標準化団体「Bluetooth SIG」は6日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスで開催されている家電見本市「2020 International CES(以下、CES 2020)」にて「Bluetooth」の新しい音声用規格「Bluetooth LE Audio」を発表しました。2020年前半に仕様書の提供を開始するとしており、製品への実装は2020年後半から2021年頃を予定しています。

Bluetooth LE Audioでは新たに「LC3」と呼ばれる音声圧縮方式(音声コーデック)を採用し、高圧縮でも高音質を維持できる点を最大のメリットとしています。また「LE」(Low Energy)の名称が付けられているように低消費電力にフォーカスした仕様でもあり、ワイヤレスイヤホンなどで現在よりも長時間の連続駆動ができるとしています。

この他にもBluetooth LE Audioには「現代だからこそ」の仕様やメリットが多く盛り込まれています。Bluetooth LE Audioによって私たちの生活はどのように変わり、どこまで便利になるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はBluetooth LE Audioの仕様やそのメリットについて解説します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:コラム初め!モバイルライターは何を想い、何を伝えるべきなのか。バズったツイートから通信業界の歴史を振り返りつつ2020年の抱負をまとめる


モバイルライターとしての2020年の抱負をまとめてみた!

新年あけましておめでとうございます。みなさま、お正月はのんびりできましたでしょうか。筆者は大晦日にTwitterへ書き込んだ何気ないツイートが軽くバズり、その拡散の様子と人々の反応を興味深く見守りながら正月を過ごしました。

バズったツイートは某氏がツイートした日本におけるiPhone 3G発売日のニュースについて当時を思い出して引用RTしたものでした。iPhone 3G発売当時、みなさんはiPhoneにどの程度関心を持っていたでしょうか。かく言う筆者も実はあまり興味がなく、「iPhoneねぇ……あれって凄いの?」と、モバイルギークの友人に尋ねる程度だったのを覚えています。

しかし、その曖昧な認識はiPhoneに触れた瞬間に一変します。本当に、携帯電話のみならずモバイルガジェットに対する何もかもの認識が変わってしまった瞬間でした。そして、その自身の興奮度と世間やメーカー、通信キャリアなどの反応との温度差に「早くみんなも気がつくんだ!」とばかりに、自身のブログやニュースサイトへの寄稿で、事あるごとにiPhoneの凄さと日本の危機について書き続けていました。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone 3Gの国内販売開始から現在までのモバイル業界の変遷を振り返りつつ、2020年への期待と抱負などを書き留めたいと思います。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:激動の2019年締めくくり!通信業界やスマホ市場に何が起きたのか?「端末代金と通信料金の完全分離」をキーワードに振り返る【コラム】


今年の通信業界で最大の話題となった「端末代金と通信料金の完全分離化」についてまとめてみた!

2019年も後数日で終わる年の瀬、みなさまいかがお過ごしでしょうか。筆者は大掃除もせず毎日ぐうたらしています。本コラムも今回が2019年最後となりました。

有り難いことに連載は100回を超え、いつの間にやら2周年も迎えていましたが、コラムのバックナンバーを振り返るだけでも、今年の通信業界が如何に激動であったのかをまざまざと知ることができます(ぜひこちらからバックナンバーをご閲読下さい)。

さて、つたない宣伝はこの程度にして。昨年同様、コラムテーマから今年を振り返ってみたいと思います。5G、V2X、MaaS、スマートシティ&スマートホーム、AI、IoT、ロボット技術、IT&ICT教育、コンテンツ&サービス、セキュリティー、素材工学、量子コンピューターなどなど。我ながら多岐に渡り過ぎていて呆れてしまいますが、ひたすら記事執筆のために取材と勉強を続けていた1年間だったようにも思います。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は数あるコラムテーマの中から今年を象徴するキーワードとして「端末代金と通信料金の完全分離化」を取り上げまとめるとともに、来たる2020年への展望や願望を書き連ねてみたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。