docomo 5Gスマホ「Xperia 10 III SO-52B」のごく一部製品に技適マーク表示誤り!ソフトウェア更新で対応

NTTドコモは6日、今年6月18日に「2021年夏モデル」として発売した5G対応のスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III SO-52B」(ソニー製)に対してソフトウェア更新を2021年7月6日(火)より提供開始したとお知らせしています。改善される事象は一部の製品にて設定から確認できる「技適マーク」の記載内容に誤りを修正したとのこと。

同社では対象製品が数十台とごく少量だったため、当初は購入者に直接電話にて案内を行い、ドコモショップへの来店による正常品との交換で対処していたものの、一部の対象者が来店が難しいことから該当製品向けにソフトウェア更新を提供することになったとのこと。なお、誤った技適マークが表示される製品ではY!mobile向け「Xperia 10 III(型番:A102SO)」のものが表示されているという。

更新は本体のみで本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは携帯電話(Xi・FOMA)の回線によるネットワーク経由(OTA)で行う方法およびパソコンに接続して行う方法が用意されており、更新にかかる時間は本体のみの方法で約9分、パソコンを使った方法で約8分。更新後のビルド番号は「62.0.B.1.30 release-keys」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」にて確認可能となっています。

03

Xperia 10 III SO-52Bはソニーの「Xperia」シリーズの新しいスタンダードスマホ「Xperia 10 III」のNTTドコモ版とau版で、前機種「Xperia 10 II」と同様にアスペクト比9:21の約6.0インチFHD+(1080x2520ドット)有機ELによるシネマワイドディスプレイやトリプルレンズカメラを搭載し、さらに新たに5Gに対応しました。

主な仕様はチップセット(SoC)に最新のハイエンド向け「Snapdragon 690 5G Mobile Platform」を搭載し、microSDXCカードスロットや4500mAhバッテリー、急速充電(USB PD)、USB Type-C端子(USB 3.1 Gen1)、3.5mmイヤホンマイク端子、防水・防塵(IP65・IP68)、側面指紋センサー、FMラジオ、約800万画素CMOS/広角レンズのフロントカメラなど。

サイズは約154×68×8.3mm(最厚部9.1mm)、質量は約169g、本体カラーはブラック、ホワイト、ブルー、ピンクの4色に加え、ドコモオンラインショップ限定のイエローが追加された5色展開となっています。また日本向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

Sony、5G対応の新スタンダードスマホ「Xperia 10 III」を発表!日本などで初夏に発売。Snapdragon 690やトリプルレンズカメラを搭載 - S-MAX
写真で見るソニー製スタンダードスマホ「Xperia 10 III」。人気ミドルクラスの座を奪えるか?NTTドコモやauから6月中旬以降に発売【レポート】 - S-MAX
NTTドコモ、5G対応の新スマホ「Xperia 1 III SO-51B」と「Xperia 10 III SO-52B」を発表!6月中旬以降に発売。公式Webショップ限定カラーも - S-MAX
KDDI、au向け5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 III SOG04」を発表!6月中旬以降発売予定。おサイフケータイに対応 - S-MAX

技適マーク
A102SO
(T) ADF210098003
(R) 003-210156
SO-52B
(T) ADF210030003
(R) 003-210052

02

今回、ごく一部の製品にて電子式表示における技適マークの誤記載が発覚し、ソフトウェア更新が提供開始されました。更新方法は本体のみなら「今すぐ再起動」をタップするか、ホーム画面で「設定」→「システム」→「詳細設定」→「システムアップデート」にて実施します。詳細は『「Xperia 10 III SO-52B 」端末本体によるソフトウェアアップデート手順書(PDF形式:98KB)』をご確認ください。更新に際しての注意事項は以下の通り。

・ソフトウェアアップデートはお客さまの責任において実施してください。
・ソフトウェアアップデートは手順をよくお読みいただき実施してください。
・5G/Xiでのパケット通信をご利用の場合、モバイルネットワーク設定でアクセスポイントをspmode.ne.jpに設定してください。
・5G/Xiでのパケット通信をご利用の場合、ダウンロードによる通信料金は発生しません。
・国外でソフトウェアアップデートを行う場合は、Wi-Fi接続が必要です。
・ソフトウェアが改造されているときはアップデートができません。
・ソフトウェアアップデート完了後は、以前のソフトウェアへ戻すことはできません。
・ソフトウェアアップデート中、本端末固有の情報(機種や製造番号など)が当社のサーバーに送信されます。当社は送信された情報を、ソフトウェアアップデート以外の目的には利用いたしません。
・ソフトウェアアップデート中は一時的に各種機能を利用できない場合があります。
・ソフトウェアアップデートを行うと、一部の設定が初期化されることがありますので、再度設定を行ってください。
・PINコードが設定されているときは、書き換え処理後の再起動の途中で、PINコードを入力する画面が表示され、PINコードを入力する必要があります。
・ソフトウェアアップデートに失敗し、一切の操作ができなくなった場合には、ご相談ください。お問い合わせ先については、裏表紙をご覧ください。
・ソフトウェアアップデートは、本端末に保存されたデータを残したまま行うことができますが、お客さまの端末の状態(故障・破損・水濡れなど)によってはデータの保護ができない場合があります。必要なデータは事前にバックアップを取っていただくことをおすすめします。各アプリの持つデータについて、バックアップ可能な範囲はアプリにより異なります。各アプリでのバックアップ方法は、各アプリの提供元にご確認ください。
・以下の場合はソフトウェアアップデートができません。事象を解消後に再度お試しください。
 ・通話中
 ・日付・時刻を正しく設定していないとき
 ・必要な電池残量がないとき
 ・内部ストレージに必要な空き容量がないとき
 ・国際ローミング中
・ソフトウェアアップデート中は電源を切らないでください。
・更新ファイルのダウンロード中は電波状態の良いところで、移動せずに実行することをおすすめします。電波状態が悪い場合には、アップデートを中断することがあります。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Xperia 10 III 関連記事一覧 - S-MAX
Xperia 10 III SO-52Bのソフトウェアアップデート | お客様サポート | NTTドコモ
Xperia 10 III SO-52B | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ