docomoがAndroidタブレット「dtab d-51C」が11月11日発売!

NTTドコモは4日、同社が今年9月以降に発売する「2022-2023冬春モデル」のうちの防水や防塵に対応した10.1インチ液晶搭載のAndroidタブレット「dtab d-51C」(シャープ製)を2022年11月11日(金)に発売すると発表しています。

販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など。すでに事前予約受付を実施しており、ドコモオンラインショップでは発売に先立って11月8日(火)10時より購入手続きが開始されます。

価格はドコモオンラインショップなどの直営店では65,230円(1,458円/月×23回+31,680円)となっており、残価設定方式の購入施策「いつでもカエドキプログラム」の対象で24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は1,458円/月×23回(総額33,550円)となります。

02

dtab d-51Cは「dtab」シリーズにおいておよそ2年ちょっとぶりに発売された10インチサイズタブレットで、約10.1インチWUXGA(1920×1200ドット)TFT液晶を搭載し、防水(IPX5およびIPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)に対応しているほか、dtabシリーズ初の5G対応となりました。開発はdtabシリーズを前機種「dtab d-41A」で初めて担当したシャープが引き続いて行っています。

主な仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 695 5G Mobile Platform」および4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカード、Wi-Fi 5、Bluetooth 5.0、位置情報取得(A-GNSS)、6680mAhバッテリー(取外不可)、約800万画素リアカメラ(F2.0)、約800万画素フロントカメラ(F2.0)、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子など。

03

サイズは約170×246×8.3mm、質量は約481g、本体カラーはホワイトとチャコールグレーの2色展開。回転や角度調整にも対応した専用の折りたたみ式スタンドが用意。SIMはeSIMのみのシングルSIMに対応。携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通りで、最大通信速度は5Gにて下り1.9Gbpsおよび上り218Mbps。連続待受時間(4G)は約860時間。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

NTTドコモ、5G対応の10.1インチAndroidタブレット「dtab d-51C」を発表!防水・防塵や除菌シート拭き取りに対応 - S-MAX
NTTドコモの10.1インチタブレット「dtab d-51C」を写真と動画で紹介!約2年ぶりの新製品はドコモタブレット初の5G対応【レポート】 - S-MAX

5G NR: n28, n77, n78(3.4-3.5GHz, 3.5GHz, 3.7GHz), n79
4G LTE: Band 1, 3, 18, 19, 21
3G W-CDMA: -
2G GSM: -




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
dtab d-51C 関連記事一覧 - S-MAX
報道発表資料 : 「ドコモ タブレット dtab d-51C」を11月11日に発売 | お知らせ | NTTドコモ
2022-2023冬春新商品のご予約・ご購入手続きについて(更新) | 販売情報 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
dtab d-51C | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
dtab d-51C | タブレット | 製品 | NTTドコモ