ファーウェイの「HUAWEI P40 lite E」を写真でチェック!

既報通り、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンライン新製品発表会を開催し日本市場向けのSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P40 lite E(型番:ART-L29N)」(Huawei Technologies製)を2020年6月19日(金)に発売すると発表した。

すでに予約販売を開始しており、価格はオープンながら市場想定価格は税抜24,800円(税込27,280円)と、かなり低価格な製品になっている。販売拠点はファーウェイ 楽天市場店やファーウェイ PayPayモール店のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で、量販店では10%ポイント還元の実質2万5千円程度となっている。

発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。先の記事で紹介したフラッグシップモデル「HUAWEI P40 Pro 5G(型番:ELS-NX9)」やミドルレンジモデル「HUAWEI P40 lite 5G(型番:CDY-NX9A)」同様、本記事では体験会にてHUAWEI P40 lite Eに触れることができたので、写真を交えながら製品の外観や特徴をレポートする。

200604_hauwei_p40_lite_e_02_960
HUAWEI P40 lite Eの本体正面


200604_hauwei_p40_lite_e_03_960
HUAWEI P40 lite Eの本体背面。左からオーロラブルー、ミッドナイトブラック

本体のサイズは約159.81×約76.13×約8.13mm、重量は約176g(バッテリー含む)、ディスプレイは約6.39インチ(解像度は1560x720ドット)19.5:9のTFT液晶を搭載している。

本体のカラーバリエーションは「オーロラブルー」と「ミッドナイトブラック」の2色展開で、特にオーロラブルーのグラデーションは美しく、側面の部分もはっきりとオーロラのようなブルーからグリーンへのグラデーションを確認できる。

また背面デザインは上位モデルと同様にこれまでのPシリーズ同様、デジタルカメラのような“横向き”のデザインを採用している。なお、背面にはリアカメラだけではなく「指紋センサー」も搭載している。

200604_hauwei_p40_lite_e_04_960
本体正面向かって左側面(上)と右側面(下)


200604_hauwei_p40_lite_e_05_960
上部側面(上)と下部側面(下)

本体正面に向かって左側面にはnanoSIMカード(4FF)×2およびmicroSDXCカードのトリプルスロット、右側面は電源(ロック)キーと音量(上下)キーを搭載。下部側面にはmicroUSB端子と3.5mmイヤホンジャックを搭載している。

200604_hauwei_p40_lite_e_06_960
HUAWEI P40 lite Eの本体背面デザイン


200604_hauwei_p40_lite_e_07_960
本体背面のカメラ部分

背面のアウトカメラは、
・約4800万画素(F1.8 広角カメラ)
・約800万画素(F2.4 120 ° 超広角カメラ)
・約200万画素(F2.4 被写界深度カメラ)
の3つ(トリプルカメラ)を搭載している。

AIインテリジェントシーン認識技術によって、500以上のシーンと21のカテゴリーをリアルタイムで自動的識別して画像を調整および最適化してくれる。つまり、AI認識によって難しい操作を必要とせず、撮影するだけで最適な画像が撮れるという機能だ。

200604_hauwei_p40_lite_e_08_960
ディスプレイ左上にインカメラを備える

フロントカメラはパンチホール式のワンカメラで、約800万画素の広角カメラを搭載する。

200604_hauwei_p40_lite_e_10_960
HUAWEI P40 lite Eの端末情報画面


200604_hauwei_p40_lite_e_11_960
ストレージ画面(左)、設定画面(右)

OSはAndroid 10をベースにしたEMUI 10.1を搭載、チップセット(SoC)はHUAWEI Kirin 710Fを内蔵し、CPUはオクタコア(4x2.2GHz A73+4x1.7GHz A53)、内蔵メモリー(RAM)は4GB、内蔵ストレージは64GBを搭載する。なお、外部メモリーは最大512GBまでのmicroSDXCカードに対応している。

200604_hauwei_p40_lite_e_09_960
ナビゲーションメニューのアイコン

HUAWEI P40 lite Eは「5G(第5世代移動通信システム)」に対応しない。そのため、HUAWEI P40 Pro 5GやHUAWEI P40 lite 5Gのような、ナビゲーションメニューの5Gアイコンは存在しない。

対応する通信は4G(LTE)および3G(W-CDMA)、2G(GSM)で、このうち4GについてはCA(キャリアアグリゲーション)とau VoLTEにも対応している。また案内はされていないが、楽天モバイルのRakuten UN-LIMITでも利用可能だ。

その他、無線LAN(Wi-Fi)はIEEE802.11b/g/n準拠(2.4GHz)、BluetoothはVersion 5.0に対応する。防水・防塵性能やワイヤレス充電、超急速充電には対応していない。バッテリーは約4000mAhの内蔵タイプ。

本体付属品としてACアダプターおよびUSBケーブル、保護ケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイドが同梱される予定だ。

200604_hauwei_p40_lite_e_12_960
ホーム画面の「AppGallery」アイコン

またHUAWEI P40 lite EもAndroidベースのスマホではあるが、HUAWEI P40 Pro 5GおよびHUAWEI P40 lite 5Gなどと同様にGoogle PlayストアやGmailなどの「GMS(Google Mobile Service)」には対応していない。

そのため、ファーウェイ独自のサービスであるアプリ配信マーケット「AppGallery」などの「HMS(Huawei Mobile Service)」に対応している。「AppGallery」のトップ画面は一見するとGoogle Playストアのように見えるが、Google Playストアとは別サービスのため注意が必要だ。

200604_hauwei_p40_lite_e_13_960
「AppGallery」のトップ画面

特にSIMフリー市場を中心にここ数年は毎年最も売れたAndroidスマホとして人気のあるPシリーズのliteモデルだけにGMS非対応に気づかずに買ってしまうケースは心配される。なお、ファーウェイ・ジャパンの公式オンラインストアである楽天市場店では購入時にGMS非対応であることを「了承した」という項目が設置されている。

ライトに使う人ならGMSがなくても良いという人がいるのか、GMSに対応していないとやはり購入を避けるという人が多いのか、アメリカが同社とその関連企業を制裁によって取引を制限している影響ではあるが、販売台数が多い低価格モデルでは特に販売動向は気になるところである。





■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
HUAWEI P40 lite E関連記事一覧 - S-MAX
HUAWEI P40 lite E, 約6.39インチのパンチホールディスプレイ | ファーウェイジャパン