Sonyの未発表なハイエンドスマホがFCC通過!次期モデル「Xperia 1 VI」か

米連邦通信委員会(FCC)は26日(現地時間)、未発表のSony製スマートフォン(スマホ)「13187R」が2024年3月26日(金)付で認証を通過していることを公開しています。FCC IDは「PY7-13187R」。公開されている資料ではWi-Fi 6(IEEE802.11ax準拠)やワイヤレス給電(WPT)に対応していることを示されていることからハイエンドモデルだと思われ、次期フラッグシップスマホ「Xperia 1 VI」(仮称)ではないかと予想されます。また資料にては型番が「XQ-EC72」であることが記載されています。

この「E」の部分は2020年に発売された製品から1年ごとにアルファベット順となっており、例えば、2020年の「Xperia 1 II」は「XQ-AT**」、2021年の「Xperia 1 III」は「XQ-BC**」、2022年の「Xperia 1 IV」は「XQ-CT**」、2023年の「Xperia 1 V」は「XQ-DQ**」となっており、逆に「C」の部分は任意のアルファベットで特に規則性はなく、これまでにCだった製品はXperia 1 IIIのXQ-BC**や「Xperia 10 IV」の「XQ-CC**」、「Xperia 10 V」の「XQ-DC**」となっています。

一方、すでに紹介しているようにXperiaの未発表スマホとしては型番「XQ-EC54」が決済サービスの普及促進や認証を行う業界団体のEMVCoの認証を取得しており、こちらは他のフィンランドの認証機関「Fimko」の認証などを含めて考えると、次期スタンダードスマホ「Xperia 10 VI」(仮称)ではないかと推測でき、XQ-EC54のモデル名が「PM-148*-BV」となっていることから現時点でモデル名「PM-147*-BV」は空いているので、Xperia 1 VI(型番:XQ-EC**)がこれに相当することになるのではないかと思われます。

02
型番がXQ-EC72となる模様

ソニーでは近年、Xperiaブランドのスマホにおいてフラッグシップモデル「Xperia 1」シリーズやその小型モデル「Xperia 5」シリーズ、ミッドレンジモデル「Xperia 10」シリーズ、そして日本市場においてはエントリーモデル「Xperia Ace」シリーズを展開しているほか、不定期でプレミアムモデル「Xperia PRO」シリーズを投入しています。

そうしたことから今年もXperia 1シリーズやXperia 5シリーズ、Xperia 10シリーズの各後継機種としてXperia 1 VIおよび「Xperia 5 VI」(仮称)、Xperia 10 VIは投入されると見られており、中でもこれまでの発売時期を考えると、Xperia 5 IVはその年の後半となると思われ、Xperia 1 VIやXperia 10 IVが発売や開発の時期は早いと考えられます。

モデル名製品名型番
PM-148**-BVXperia 10 VI?XQ-ES54
PM-147**-BVXperia 1 IV?XQ-EC72
PM-146**-BVXperia 5 VSO-53D(XQ-DE04)
SOG12(XQ-DE14)
XQ-DE44
XQ-DE54
XQ-DE62
XQ-DE72
PM-144**-BVXperia 10 VSO-52D(XQ-DC04)
SOG11(XQ-DC14)
A302SO(XQ-DC24)
XQ-DC44
XQ-DC54
XQ-DC72
PM-143**-BVXperia 1 VSO-51D(XQ-DQ04)
SOG10(XQ-DQ14)
A301SO(XQ-DQ24)
XQ-DQ44
XQ-DQ54
XQ-DQ62
XQ-DQ72
PM-141**-BVXperia 5 IVSO-54C(XQ-CQ04)
SOG09(XQ-CQ14)
A204SO(XQ-CQ24)
XQ-CQ44
XQ-CQ54
XQ-CQ62
XQ-CQ72
PM-140**-BVXperia Ace IIISO-53C(XQ-CB04)
SOG08(XQ-CB14)
A203SO(XQ-CB24)

03
NFCはFeliCa(NFC Type F)にも対応

新たに認証を通過したXQ-EC**は前述のようにXperia 1 VIになると予想され、今後、Xperia 5 IVや(発売されるのなら)Xperia Ace IVがPM-149**-BVやPM-150**-BVとなっていくと推測されます。ただし、Xperia PROシリーズについても開発中であるといった噂も継続的に出ており、PM-****-BVについても抜けが出ていたりするため、実際にどうなっていくのかは不確定だと思われます。

どちらにしてもXperiaスマホは販売台数が低迷しており、これまではなんとか日本国内にてシェア上位に食い込んでいましたが、2023年の出荷台数(IDC Japan調査)では上位5位から外れて対前年で100万台以上も減っているということなので、主力となるフラッグシップモデルのXperia 1シリーズがどういった製品になるのか、これまでの流れを継続するのかを含めて注目したいところです。

04
XQ-EC72は3.5mmイヤホンマイク端子も搭載。発売されるとなると、NTTドコモ向けが「Xperia 1 VI SO-51E」、au向けが「Xperia 1 IV SOG13」、日本のオープン市場向けが「Xperia 1 IV XQ-EC44」などとなる見込み


09icon


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Sony Xperia 1 VI 関連記事一覧 - S-MAX
PY7-13187R - OET List Exhibits Report - FCC
Xperia(エクスペリア)ホーム | Xperia(エクスペリア) | ソニー