Sonyの未発表スマホが各種認証情報を取得!少なくとも2機種が登場予定

IEC(国際電気標準会議)の電気機器安全規格適合試験制度を運営するIECEEにてフィンランドの認証機関「Fimko」の検査をSony(以下、ソニー)の未発表な製品「PM-1480-BV」および「PM-1481-BV」、「PM-1482-BV」、「PM-1483-BV」、「PM-1484-BV」、「PM-1485-BV」(以下、PM-148*-BV)が2024年1月2日(火)付および2024年2月23日(金)付で通過したことが公開されていました。認証番号は「FI-59328」。

ソニーでは同社が展開している「Xperia」ブランドのスマホにおいてモデル名「PM-****-BV」という命名規則を長らく運用しており、これまでに発表された製品では直近で「Xperia 1 V」が「PM-143*-BV」、「Xperia 10 V」が「PM-144*-BV」、「Xperia 5 V」が「PM-146*-BV」などとなっており、最近では開発が中止されたなどなのか抜けがありますが、現時点では「PM-147*-BV」も存在しないため、PM-147*-BVという製品も開発中である可能性があります。

また決済サービスの普及促進や認証を行う業界団体のEMVCoが同じくソニー製のPM-1484-BVが認証を取得したとして情報公開しています。APPROVAL NUMBERは「MTA_LOA_SONY_05049」。さらにこのEMV認証ではCommercial Nameが「XQ-ES54」であると記載されており、これは最近のXperiaの型番規則に沿っており、主に欧州向け製品であることがわかり、同一製品が日本で発売される場合にはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)なら「XQ-ES44」となります。

なお、この「E」の部分は2020年に発売された製品から1年ごとにアルファベット順となっており、例えば、2020年の「Xperia 1 II」は「XQ-AT**」、2021年の「Xperia 1 III」は「XQ-B**」、2022年の「Xperia 1 IV」は「XQ-CT**」、2023年の「Xperia 1 V」は「XQ-DQ**」となっており、逆に「S」の部分は任意のアルファベットで特に規則性はなく、これまでにSだった製品は「Xperia 5 II」の「XQ-AS**」のみとなっています。

さらにPM-148*-BVが6個あるため、海外を含めて6つのモデル(SKU)があることがわかりますが、最近のXperiaは各機種ともにメジャーシリーズは大体6〜7モデルがあるため、恐らく「Xperia PRO」や「Xperia Ace」といったマイナーシリーズではないと見られ、IECEEで公開されている認証情報ではXperia 1シリーズやXperia 5シリーズは電気機器認証機関「UL」(「UL Japan」や「UL Solution Japan」)にて通過しており、Xperia 10シリーズやXperia AceシリーズがSGS Fimkoで通過していることから次期スタンダードスマホ「Xperia 10 VI」(仮称)になるのではないかと予想されます。

一方、米連邦通信委員会(FCC)でも未発表のソニー製スマホが2024年3月1日(金)付で認証を通過しており(FCC IDは「PY7-64228M」)、無線LAN(Wi-Fi)がIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)となっており、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax準拠)が含まれていないため、エントリーからミッドレンジモデルだと思われ、こちらも同じく発売時期のタイミングからXperia 10 VIまたは次期エントリーモデル「Xperia Ace IV」(仮称)あたりになるのではないかと推察され、Xperia 10 VIであれば「Xperia 10 IV(型番:XQ-ES**)」といった具合になると見られます。

02
IECEEが公開しているSGS Fimkoの認証情報

ソニーでは近年、Xperiaブランドのスマホにおいてフラッグシップモデル「Xperia 1」シリーズやその小型モデル「Xperia 5」シリーズ、ミッドレンジモデル「Xperia 10」シリーズ、そして日本市場においてはエントリーモデル「Xperia Ace」シリーズを展開しているほか、不定期でプレミアムモデル「Xperia PRO」シリーズを投入しています。

そうしたことから今年もXperia 1シリーズやXperia 5シリーズ、Xperia 10シリーズの各後継機種として「Xperia 1 VI」(仮称)および「Xperia 5 VI」(仮称)、Xperia 10 VIは投入されると見られており、中でもこれまでの発売時期を考えると、Xperia 5 IVはその年の後半となると思われ、Xperia 1 VIやXperia 10 IVが発売や開発の時期は早いと考えられます。

モデル名製品名型番
PM-148*-BVXQ-ES54
PM-147*-BV
PM-146*-BVXperia 5 VSO-53D(XQ-DE04)
SOG12(XQ-DE14)
XQ-DE44
XQ-DE54
XQ-DE62
XQ-DE72
PM-144*-BVXperia 10 VSO-52D(XQ-DC04)
SOG11(XQ-DC14)
A302SO(XQ-DC24)
XQ-DC44
XQ-DC54
XQ-DC72
PM-143*-BVXperia 1 VSO-51D(XQ-DQ04)
SOG10(XQ-DQ14)
A301SO(XQ-DQ24)
XQ-DQ44
XQ-DQ54
XQ-DQ62
XQ-DQ72
PM-141*-BVXperia 5 IVSO-54C(XQ-CQ04)
SOG09(XQ-CQ14)
A204SO(XQ-CQ24)
XQ-CQ44
XQ-CQ54
XQ-CQ62
XQ-CQ72
PM-140*-BVXperia Ace IIISO-53C(XQ-CB04)
SOG08(XQ-CB14)
A203SO(XQ-CB24)

03
EMV認証の検索結果

新たに認証を通過したXQ-ES**(PM-148*-BV)は前述のようにXperia 10 VIになると予想され、現時点では連番の抜けとなるPM-147*-BVは従来通りならXperia 1 VIになると思われ、今後、Xperia 5 IVや(発売されるのなら)Xperia Ace IVがPM-149*-BVやPM-150*-BVとなっていくと推測されます。ただし、Xperia PROシリーズについても開発中であるといった噂も継続的に出ており、PM-****-BVについても抜けが出ていたりするため、実際にどうなっていくのかは不確定だと思われます。

どちらにしてもXperiaスマホは販売台数が低迷しており、これまではなんとか日本国内にてシェア上位に食い込んでいましたが、2023年の出荷台数(IDC Japan調査)では上位5位から外れて対前年で100万台以上も減っているということなので、販売台数に大きな影響があるエントリーモデルやスタンダードモデルあたりがどういった製品になるのか次第で2024年に再び上位に上がるのかといった鍵になると思われ、Xperia 10 VIやXperia Ace IVに期待がかかります。

04 05
EMVCoが公開しているXQ-ES54の認証情報


06
FCCによるPY7-64228Mの認証情報


09icon


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
エスマックス(S-MAX)
FI-59328 | IECEE Certificates
MTA_LOA_SONY_05049 | Approved Products & Solutions Archive | EMVCo
PY7-64228M - OET List Exhibits Report - FCC
Xperia(エクスペリア)ホーム | Xperia(エクスペリア) | ソニー