Android 12の正式版がPixelシリーズにローリングアウト開始!

Googleは19日(現地時間)、先日に正式版をリリースしたスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 12」( https://android.com/12 )を同社のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズに提供開始したと発表しています。

PixelシリーズにおけるAndroid 12の対象機種は「Pixel 3」、「Pixel 3 XL」、「Pixel 3a」、「Pixel 3a XL」、「Pixel 4」、「Pixel 4 XL」、「Pixel 4a」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 5a (5G)」。

これらの機種では無料でAndroid 12にアップグレードでき、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)が順次提供されているほか、すでにファクトリーイメージ( https://developers.google.com/android/images )も配信開始されています。Pixeの各機種ともにバージョンは「12.0.0で、ビルド番号は「SP1A.210812.015」(Verizen版は「SP1A.210812.016.A1」)となっています。

なお、Googleでは今年後半にはGalaxyやOnePlus、OPPO、realme、TECNO、vivo、Xiaomiなどのメーカー製品にもAndroid 12が提供されるとしています。

02

Android 12は昨年リリースされた「Android 11」の次のメジャーアップデートとなった最新バージョンで、最近の流れであるセキュリティーやプライバシーをより強化しており、ITのシンプルさと実用性、プライバシーと生産性を向上させる多くの機能が導入されているほか、新たに「Material You」という新デザインが採用されます。

Googleがユーザー向けに案内している主な新機能は以下の通り。なお、ユーザー向けの主な新機能については『Googleのスマホなど向け次期OS「Android 12」の新機能を紹介!全画面キャプチャーや新デザインなど。最終APIになったベータ3が提供中【レビュー】 - S-MAX』も合わせてご覧ください。Android 12はPixel 3シリーズ以降でアッググレードできるほか、最新機種「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」にはプリインストールされています。

03 04
Pixel 4a (5G)をAndroid 12正式版にアップグレードしたところ

1. 壁紙を変更すると、高度な色抽出アルゴリズムとゴージャスなMaterial Youデザインのおかげで、Android 12のユーザーエクスペリエンス(UX)全体がその色に一致するように変更されます。

ロック画面や通知、設定、ウィジェット、さらにはアプリを含むUX全体のルックアンドフィールを簡単にパーソナライズできます。

この新しいダイナミックカラーエクスペリエンスはPixelシリーズで最初に利用可能になり、まもなくより多くのメーカーの製品で利用できるようになります。

2. Android 12ではウィジェット機能が刷新され、新たにMaterial Youデザインに合わせてこれまで以上に動的でカスタマイズ可能な再設計されています。

また今月末までにお気に入りのGoogleアプリのまったく新しいウィジェットや更新されたウィジェットをホーム画面で12個以上試すことができるようになります。

3. 新しい視認機能によってAndroid 12はこれまで以上に利用しやすくなり、例えば、新しいウィンドウ拡大鏡を使用すると、画面の残りのコンテキストを保持しながら画面の一部を拡大できます。

また非常に暗い画面の照明は夜間の利用や最低の明るさの設定でも明るすぎるその他の状況に最適です。さらに読みやすくするためにテキストを太字にしたり、色をグレースケールに調整することもできます。

4. ステータスバーに新しいインジケーターが表示されるため、アプリがマイクまたはカメラを使用していることを簡単に確認できるようになりました。またアプリにマイクやカメラにアクセスさせたくない場合はクイック設定メニューの2つの新しいトグルボタンを使ってこれらの機能を完全に無効にすることができます。

5. Android 12ではアプリに正確な場所へのアクセスを許可するか、おおよその場所へのアクセスを許可するかを選択できます。これにより、正確な場所を非公開にしつつ位置情報を利用できるようになります。

6. 新しくプライバシーダッシュボードが追加され、設定から「プライバシーダッシュボード」に行くだけで過去24時間にアプリが現在地やカメラ、マイクにいつアクセスしたかを明確かつ包括的に確認できます。気に入らないことがあれば、ダッシュボードから直接権限を管理できます。

7. ワイヤレスヘッドホンはスマホなどに接続する必要がありますが、おそらくあなたがどこにいるかを知る必要はありません。Android 12の新しいBluetooth権限によってコンパニオンアプリは位置情報にアクセスしなくても時計やヘッドホンなどに接続できます。

8. しばらく使用していないまたは忘れているアプリはありますか?未使用のアプリの権限がリセットされ、キャッシュされたファイルが削除されて、デバイスの空き容量が増えます。

9. 画面の最後に到達したからといってスクリーンショットの最後に到達する必要があるわけではありません。新しいスクロールスクリーンショットを使用すると、ページ上のすべてのコンテンツを1つの画像に取り込むことができます。

10. ゲームのダウンロードに費やす時間を増やし、ゲームのダウンロードを待つ時間を減らします。Android 12では一部のゲームではダウンロード時にプレイできるため、完全なダウンロードが完了するのを待たずにゲームプレイに直接ジャンプできます。

11. Wi-Fiクレデンシャルの共有が非常に簡単になりました。パスワードで古い付箋を見つけたり、友達に複雑な文字の組み合わせを入力させてWi-Fiにログインする必要はありません。近くの共有で、Wi-Fi設定を開いて必要なネットワークを選択して「共有」をタップするだけです。

12. Android 12ではすべての必需品、思い出、メッセージ、データを新しい機種に簡単に転送できます。必要なのは古いスマホから転送するためのWi-Fi接続、またはiPhoneから切り替える場合はケーブルだけです。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Android 12 関連記事一覧 - S-MAX
A dozen things to love in Android 12
Google Japan Blog: Android 12 に加わった 12 の新機能
Android 12